探し物

タイのご飯や砂はネットで購入していたので
何年もペットショップには足を踏み入れていなかったが、
ここ数日ペットショップで犬猫をボーっと見て数時間過ごしている。
猫カフェ初体験もした。行政の愛護センターにも猫を見に行ってきた。
そこに私の『探しもの』がいないのはわかっている。
ただそこに居れば、一時(いっとき)タイの苦しみの表情から解放される。
子猫があくびをすれば普通の口の中に安心する。
普通では有り得ない猫の口をずっと見続けていたせいだろう。
そんな口になるまで我慢させてしまったのは私だ。
もっと早く楽にさせる方法もあったのに・・・

この記事へのコメント