痛み止め

とうとう強い痛み止めを使うことになった。
といっても非オピオイド系鎮痛薬 (非ステロイド性抗炎症薬) なので
軽度~中程度のがん性疼痛に使用するものだ。
プラス鎮静剤とステロイドの粉末の薬
飲ませてからの様子を観察しているが
明らかに目の動きに変化があった。
不思議そうに押入れの何もない場所をじっとみつめている。
近づいても反応が鈍く、気付くのが遅れている。
手を触ったり近くで声をかけて ようやく気付くが
目が私を見る「いつものまなざし」ではない。
所謂、朦朧(もうろう)としている状態なのだと推察する。

この記事へのコメント